ソ・ドンウォンについて

ソ・ドンウォンは初心を忘れず、任された役柄を慎重に準備する俳優である。ソ・ドンウォンが出演するシーンでは、いつも彼だけの輝きを放っている。幼少期は天安で暮らし、中学時代から俳優を夢見るようになったという。

その後、オーディションを受けたりアクターズスクールにも通ったりするようになる。エキストラの仕事を始めた高校1年のころにソウルへ上京、本格的に演技を始めた。

出演作品には、2004年『兄嫁は19歳』、2005年『新入社員』、2010年『運命の誘惑』、2013年『愛してもいいんじゃない』、2016年『お父様、私がお世話します』などがある。

ソ・ドンウォンについて掲示板で話す

基本情報

  • 名前ソ・ドンウォン
  • 本名ソ・ドンウォン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所メントエンターテインメント
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1979年04月04日(38歳)
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・忠清南道天安市
  • 高校北一高等学校
  • 大学中部大学校演劇映画科、慶煕大学校演劇映画科
  • デビュー年1995年
  • 身長177cm
  • 体重65kg
  • 血液型不明

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

情報なし

ソ・ドンウォンの交際、彼氏・彼女に関する噂や報道はありません。

好きなタイプ

性格・パーソナリティ

ソ・ドンウォンは、非常に真面目で研究熱心な性格である。人を楽しませることに喜びを感じたソ・ドンウォンが初めて夢見たのは芸人になることであった。その後ムエタイを学ぶようになり、それと同時にアクション俳優を目指すようになった。

しかし、アクションも演技の一部であるということに気づき、本格的に演技を学び「俳優になりたい」と考えるようになったという。このような経歴から考えても、ソ・ドンウォンが目標を持って真摯に取り組んできたということが分かる。

俳優になったソ・ドンウォンは、夢を叶えた今でも勉強熱心な性格に変わりはない。自身が出演した作品については、劇場に行って最低でも10回は観るという。さらに、映画を観た後には必ずお手洗いに直行し、観客らの批判を聞くという。

演技に対する情熱を持って、一つ一つの作品に努力を惜しまない姿勢が俳優ソ・ドンウォンの魅力を倍増させていると見て取ることができる。

趣味

ソ・ドンウォンの趣味は映画と演劇鑑賞、旅行である。研究熱心な性格のソ・ドンウォンは、余暇も演技の勉強を兼ねて映画や演劇を観るようである。

特技

ソ・ドンウォンの特技は、ムエタイやウィンドサーフィン、水泳である。特にムエタイに関しては10年以上の経歴を持ち、過去にはバラエティ番組でイ・スグンと対決しその実力を見せている。

デビュー前の経歴

ソ・ドンウォンは、1979年4月4日生まれの俳優で、1995年にシットコム『LAアリラン』でデビューした。ソ・ドンウォンは幼いころから芸能界に入ることを夢見ていたという。「自習時間に、教壇にいる先生に気づかれないようにしながら、みんなに面白い話をしてあげることに喜びを感じていた」と話す。

ソ・ドンウォンは、初めは俳優ではなく芸人になりたかった。そんなソ・ドンウォンであったが、のちにムエタイの魅力にはまり、アクション俳優を目指すようになっていったという。そして、中学3年の冬休みにソウルに上京し、週末になるとアクターズスクールに通う日々を過ごしていた。

しかし、演技を続けていくうちに、アクションは演技の一部分であるという考えに至ったそうだ。木だけを見るのではなく、それを取り囲む森を見なければならないと感じたという。

メンバー・周囲からの評価

2016年、KBS『我が町の芸・体・能』にてソ・ドンウォンとイ・スグンはレスリングや柔道の試合を行っている。10年もの経歴を持つソ・ドンウォンは、テコンドー5段のイ・スグンを倒し、勝利を勝ち取った。これを見ていたカン・ホドンは「名実ともに永遠のライバルだ」と発言した。

整形の噂

なし

Instagram・Twitterアカウント

ソ・ドンウォンの応援や雑談の掲示板

ここではソ・ドンウォンに関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

ハン・イェウォン

チェ・ミニョン

チェ・イルファ

チェ・ジュニョン

チェ・ミンシク

チェ・ジェソン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: