ソヌ・ジェドクについて

1982年、映画『愛情作り』でデビュー。1986年にはKBS特別採用タレントとして選抜される。俳優としての活動はもちろんのこと、飲食店経営者としても活躍している。ソヌ・ジェドクが代表理事を務める『スゲッティ』は、スパゲッティをメインに提供する外食店である。

2001年SBS演技大賞人気賞、2003年KBS演技大賞助演賞を受賞している。

ソヌ・ジェドクについて掲示板で話す

基本情報

  • 名前ソヌ・ジェドク
  • 本名ソヌ・ジェドク
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所バインエンターテインメント
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1962年07月23日(55歳)
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・ソウル特別市
  • 高校信一高等学校
  • 大学ソウル芸術大学演劇映画科
  • デビュー年1982年
  • 身長175cm
  • 体重不明
  • 血液型O型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

パク・スヒョン

ソヌ・ジェドクの妻はパク・スヒョン。デザイナーである。8歳年下のパク・スヒョンとは1997年に結婚。二人の間には三人の息子がいる。元々パク・スヒョンは結婚後も仕事を続けていたが、出産をきっかけに専業主婦となる。

ソヌ・ジェドクは、結婚生活について「妻は家族の面倒をしっかりと見てくれる。正直、実家が恋しいはずなのに、そんな素振りも見せず、とてもありがたい」と語った。

好きなタイプ

性格・パーソナリティ

野心と情熱に溢れた人物である。1962年生まれのソヌ・ジェドクは、末っ子としてソウルに生まれた。幼いころは、非常に内向的であまり話さない静かな子だったという。「幼いころは、ただの普通の学生だった。成績も真ん中くらいを維持していた。末っ子だから可愛がられていた記憶がある」と話す。

そんなソヌ・ジェドクは演技を学び、芸能界に入ったのだが、20代後半に事故で生死をさまよう大怪我をしてしまう。頭のなかに「芸能界引退」がよぎったが、それでも諦めることはなかった。

リハビリと演技活動を懸命に続け、国民的俳優としての座を不動のものとした。現在では、演技活動のみならず飲食店を経営するなど、幅広い活躍を見せている。

趣味

ソヌ・ジェドクは、体を動かすことを好む。趣味は、水上スキーやゴルフ、サッカー、登山、バドミントンなどである。

水上スキーについては、以前出演したバラエティ番組にて「以前、両水里(ヤンスリ)で水上スキーに乗る人が少なく、早朝に上着だけはおり、下は何も穿かずに水上スキーに乗ったことがある」と爆弾発言をしてスタジオを驚かせた。

特技

体を動かすことを好むソヌ・ジェドクの特技はやはりスポーツである。健康と若々しさを維持するためにあらゆるスポーツを楽しんでいるという。

デビュー前の経歴

1962年7月23日生まれのソヌ・ジェドクがデビューしたのは1982年であった。ドラマや映画で活躍するソヌ・ジェドクは、これまで数多くの作品に出演し視聴者の心を掴んできた。そんなソヌ・ジェドクだが、幼いころは演劇や公演に関心がなかったという。

幼いころは内向的な性格であったため、俳優の道とはかけ離れた生活を送っていた。しかし、浪人をすることで人生の転換期を迎えたそうだ。ソヌ・ジェドクの内に秘めていた演技者としての才能が発揮され、自然と人生の進路が決まっていったという。

ソヌ・ジェドクは、映画製作協会の俳優オーディションで1,000人中5人に選ばれ、芸能界に入った。大学時代も演技を専攻し、学ぶことを忘れなかったという。

しかし、20代後半に交通事故に遭い生死をさまようことになる。それでも俳優の夢を諦めず努力を続け、今では国民に愛される俳優として活躍している。

メンバー・周囲からの評価

ソヌ・ジェドクにインタビューを行った記者は、「ソヌ・ジェドクは寛大で自信に満ちあふれており、温かく正直な人物だ」と話している。また「自らに鞭打ちながらも自身の領域を拡張していく知的な俳優だ」とも語る。

「領域を拡張する」というのは、ソヌ・ジェドクが経営するスパゲッティのフランチャイズ店である『スゲッティ』のことである。2003年に始め、1年後には32号店をオープンするなどして、話題になっている。

整形の噂

あご(怪我のため治療)

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

ソヌ・ジェドクの応援や雑談の掲示板

ここではソヌ・ジェドクに関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

ハン・イェウォン

チェ・ミニョン

チェ・イルファ

チェ・ジュニョン

チェ・ミンシク

チェ・ジェソン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: