ソン・ヒョナについて

ソン・ヒョナは、1994年ミス・コリアでフォトジェニック賞を受賞し、芸能界入りを果たした。同年、学園ドラマ『愛の挨拶』で女優としてデビューし、その後1999年の『ホジュン』をはじめ、多くのヒット作に出演する。

しかし、スキャンダルにより一時活動を休止。以後、映画に出演したり、ヌード写真を出したりして、2004年、女性主人公を演じた『女は男の未来だ』がカンヌ映画祭で注目され、復帰を果たす。大人気の『イ・サン』などにも出演していた女優で、日本でも知られていた女優である。

ソン・ヒョナについて掲示板で話す

基本情報

  • 名前ソン・ヒョナ
  • 本名ソン・ヒョナ
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所ブローディンエンターテイメント
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1975年07月23日(42歳)
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・グァンジュ
  • 高校ヨンフン高等学校
  • 大学なし
  • デビュー年1944年
  • 身長171cm
  • 体重50kg
  • 血液型O型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

実業家

ソン・ヒョナの恋人とのエピソードとしては、2007年に1歳年下の実業家と結婚したが、3年で離婚している。

2010年には6歳年上の実業家と再婚し、息子を出産したが、再婚した夫の事業は順調ではなかった。ソン・ヒョナの知人によると、夫のエンターテイメント事業は破産寸前にまで達し、生活苦に悩まされたという。

2013年12月にはソン・ヒョナが再婚前から、事業家A氏と3度にわたって性的な関係を結んだ後、5000万ウォンを受け取ったとして、売春容疑でに略式起訴された。その後、控訴審で無罪を言い渡され、疑いを晴らした。

その後、ソウル・大学路で舞台で演技活動を再開させたばかりだったが、今度は夫の死という悲劇に見舞われた。

なし

なし

好きなタイプ

性格・パーソナリティ

ソン・ヒョナの性格は、快活で才覚あふれ、気さくだな性格である。演技にも情熱があり、復帰作である演劇『愛に擦れる』は、ソン・ヒョナはウンジュ役を演じ、演技力を遺憾なく発揮している。

また、あるインタビューで、キャラクターウンジュと自分の性格を比較すると、という質問に、ソン・ヒョナは「とても似ている」と答えた。

趣味

ソン・ヒョナの趣味は、映画鑑賞とショッピングとビデオ鑑賞である。

特技

ソン・ヒョナの特技は歌をうたったり、絵を描くことである。

デビュー前の経歴

ソン・ヒョナのデビュー前の経歴としては、父親が大企業に勤めていたこともあり、豊かな幼少時代を過ごしたが、中学生の頃、父親の事業が失敗し、生活が一転した。

また、当時母親が倒れ、この世を去る悲劇に見舞われた。父親は再婚したが、継母の虐待に耐え切れず、妹と一緒に家を飛び出し部屋を借りて生活した。

人生のターニングポイントになったのは1994年。ミスコリア全羅南道光州(チョルラナムドクァンジュ)の1位に選ばれると全国大会ではミスコリア美&フォトジェニック賞を受賞。

同年ミスインターナショナルでもフォトジェニックに輝き、芸能界入りした。ペ・ヨンジュンが主演した青春ドラマ『愛の挨拶』で女優デビューを果たすと、次々にドラマや映画に出演し、1999年『ホジュン』でスター女優の仲間入りを果たし、人気全盛期を迎えた。

しかし、大事にしていた妹が不慮の事故で死亡したのに続き、継母も、肺がんで亡くなり、ソン・ヒョナは深刻なうつ病に苦しむことになる。

そうした中、2002年に麻薬類管理法違反容疑で拘束、起訴され、懲役1年6月(執行猶予2年)の有罪判決を受けた。女優活動休止を余儀なくされることとなったソン・ヒョナだたが、2003年にヌードグラビアを発表し注目を集め、2004年には女性主人公を演じた映画『女は男の未来だ』がカンヌ映画祭で注目され、再起を果たした。

メンバー・周囲からの評価

ソン・ヒョナの周囲からの評判としては、TV朝鮮『人生のドキュメンタリーマイウェイ』に出演したソン・ヒョナは、2016年6月売春の容疑無罪判決を受けて、これまで大変だった時期について明らかしている。

「自分を見る、大衆の曲がった視線が苦痛だった。」と告白し、「本当に満身創痍になりました。 何度も心を引き裂かれました。」と嗚咽した。

ソン・ヒョナは「特に行くところがなくて町のスーパーに通っていたりしたが、一人でいる時は、浴室で自殺を考えていたりもした。」と自殺を試み過去まで告白した。

整形の噂

ソン・ヒョナの整形の噂については、二重瞼・歯茎の整形があると公開している。

Instagram・Twitterアカウント

ソン・ヒョナの応援や雑談の掲示板

ここではソン・ヒョナに関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

ハン・イェウォン

チェ・ミニョン

チェ・イルファ

チェ・ジュニョン

チェ・ミンシク

チェ・ジェソン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: