チ・チャンウクについて

韓国俳優チ・チャンウクはデビュー作となる『スリーピングビューティー』で注目を浴び、その後ドラマ『ソル薬局の息子たち』に末っ子役として出演、人気を博した。2010年には『笑って、トンヘ』で主人公トンヘに抜てきされ、続く2011年、ドラマ『ペク・ドンス』でも主演を演じる。

『僕らのイケメン青果店』では男性主人公を好演し、日本でも次世代イケメンスターとして話題となった。ガールズグループT-ARAの「CRY CRY」や「Lovey Dovey」などのミュージックビデオにも出演している。

チ・チャンウクについて掲示板で話す

基本情報

  • 名前チ・チャンウク
  • 本名チ・チャンウク
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所glorious
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1987年07月05日(30歳)
  • 兄弟なし
  • 出身韓国・京畿道安養市
  • 高校新星高等學校
  • 大学檀國大學校演劇映画学
  • デビュー年2006年
  • 身長180cm
  • 体重65kg
  • 血液型AB型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

キム・ジュリ

チ・チャンウクとミスコリア出身の俳優キム・ジュリとの熱愛説が話題になった。しかし、チ・チャンウクの所属会社グローリアスエンターテインメント側は「キム・ジュリとの熱愛説が言及されているが、事実無根だ。チ・チャンウクはキム・ジュリと数人の友だちのなかの一人だ」とした。

チ・チャンウクとキム・ジュリの熱愛の証拠としてカップルアイテムなどが取り上げられたのだが、これについては「ネックレスはチ・チャンウクのファンがプレゼントしたもので、サングラスはスタイリストが持ってきたものだ」と説明した。

なし

なし

好きなタイプ

『ウソラ、ドンヘヤ』以降、女性たちの理想の芸能人に仲間入りしスターとなったチ・チャンウクは、マスコミとのインタビューで理想のタイプを明らかにした。

「性格なども含め、何でも合う人なら良いし、私を感情的に満たしてくれる女性が好き」と答えた。続いて「私を子供のように接してくれる人なら良い。職業は関係ない」と明かした。

性格・パーソナリティ

チ・チャンウクは母親想いである。「やはり家族が一番大切です。いつも隣で応援してくれる存在ですから。一緒に暮らしている母が一番大切だと思います。外食が多いですが、それでも時間があれば、家で母と一緒に食事をするようにします」と話す。

また「どうしても、色々な記事が出たり、噂も立てられたりする業界にいますので、母が非常に心配します。平凡な俳優も多いのに、大々的に取り上げられた記事を見ると物凄く心配するようです。色々言われて問題になることも多い職業だということで、いつでもどこでも『行動にも、女性にも、飲酒にも気をつけるように』と言われている」と続けた。

『ヒーラー』で共演したユ・ジテは「チ・チャンウクは目つきが鋭く男らしい顔立ちだけど、実際は愛嬌たっぷりな性格だ。撮影現場を和気あいあいとした雰囲気にしてくれる」と話した。また、パク・ミニョンも「本当にチ・チャンウクは愛嬌がある人だ。性格が良いから撮影現場の雰囲気もいい」と自慢した。

趣味

チ・チャンウクがインターネット上に趣味を公開した。チ・チャンウクは自分のインスタグラムに「一日の仕上げはバスケットボール」という書き込みとともに、一枚の写真を掲載した。公開された写真のなかのチ・チャンウクは、バスケの服を着たままチームメンバーらと共にポーズを取っている。

他にも「バイクに乗ることも趣味である」と明かしている。

特技

チ・チャンウクは小さいときからスポーツ万能で、テコンドーや合気道、水泳など基本的なスポーツはすべて習っていた。スポーツ選手が夢だったそうだが、あまりにもわんぱくで、よくケガをしていたのだそう。家族から止められるかたちとなり、高校のとき、進路を俳優に決めたという。

デビュー前の経歴

チ・チャンウクは高校時代に俳優を目指し、檀国大学校公演映画学部へ進学。大学時代は、さまざまな短編映画とミュージカルに出演し、映画科の先輩たちに付いて回りながら、短編映画の製作現場でさまざまな経験をした。

21歳のときに大学路の小劇場のオーディションを受け、ミュージカルに初出演した。2008年には映画『スリーピングビューティー』で本格デビューした。2009年にドラマ『ソル薬局の息子たち』に末っ子役として出演し、注目を集める。

2010年、ドラマ『笑ってトンヘ』では主演に抜擢され、一躍名前を知られるようになった。『笑ってトンヘ』は瞬間最高視聴率51.4%を記録した。

メンバー・周囲からの評価

ドラマ『怪しいパートナー』に出演したガールズグループHelloVenusのナラは、チ・チャンウクと演技の呼吸を合わせ、独特の感情を経験したと明らかにした。最初のころ、チ・チャンウクと黙って目を合わせたときは「むっとした気分だった」と語る。

ナラは「チ・チャンウクが演じた目がとても悲しくて痛かった。 リハーサルのとき、涙が出るほどだった。チ・チャンウクの目は本当に魅力的だ」とチ・チャンウクとの撮影当時を回想した。

また「チ・チャンウクは現場でのムードメーカーの役割も果たしてくれた。撮影場の雰囲気がダウンすると、再び気分を高めて明るくしてくれる」と語る。

「私が撮影場で台詞を覚えるため固まっていたら、私に「ナラ、お前髪を洗ってきた?」と冗談を言ってくる。このようなジョークのおかげで緊張感を解くことができた」とも語った。

整形の噂

なし

尊敬するアーティスト

ユ・ジテ

Instagram・Twitterアカウント

チ・チャンウクの応援や雑談の掲示板

ここではチ・チャンウクに関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

ハン・イェウォン

チェ・ミニョン

チェ・イルファ

チェ・ジュニョン

チェ・ミンシク

チェ・ジェソン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: