チャン・ドンゴンについて

チャン・ドンゴンは、2002年に『ロスト・メモリーズ』で、日本の俳優・中村トオルと共演した、韓国の俳優である。

2005年には、チェン・カイコー(陳凱歌)監督の映画『PROMISE 無極』に、真田広之、セシリア・チャン(張柏芝)、ニコラス・ツェー(謝霆鋒)ら、アジアのスターたちと共演した。

チャン・ドンゴンについて掲示板で話す

基本情報

  • 名前チャン・ドンゴン
  • 本名チャン・ドンゴン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所sm c&c
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1972年03月07日(45歳)
  • 兄弟
  • 出身韓国・ソウル特別市龍山区
  • 高校文一高等學校
  • 大学韓國藝術綜合學校演劇科中退
  • デビュー年1992年
  • 身長182cm
  • 体重68kg
  • 血液型O型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

コ・ソヨン

チャン・ドンゴンとコ・ソヨンは、1993年のほぼ同じ時期に、並んで芸能界にデビューした。

同年齢の二人は、親しい友人として過ごしていたが、1999年の映画『恋風恋歌』で、初めて共演した。共演した際、ソヨンはドンゴンが、自分に好感を持っていることを知っていたが、友人関係だったため、その感情に触れないように過ごしていた。

その後、二人はたまに連絡し合い、2007年に米国で再会した。ソヨンはこの時、「米国でドンゴンに会ったが、突然、新しい人に会ったように、胸がトキメキました。すっかり大人の男の姿に、成長していたんです。カリスマの漂う男になっていました。初めて出会った頃の「チャン・ドンスク」とは違って、とても落ち着いた会話をしました」と語っている。

またソヨンは、「ドンゴンはその後、ニュージーランドに行って、私は韓国に戻ることになったのですが、『私が去ってしまうと、胸がドキドキして、涙が出そうだった』とドンゴンが言いました。そして、私が空港に到着した時、「外国で、長い付き合いの友人と話せて、とても良かった。気を付けて行ってきて。連絡してください」とメールが来ました。そんなにふうに、自然に恋人同士になりました。」と、思い出を回想した。

なし

なし

好きなタイプ

チャン・ドンゴンは、映画俳優パク・チュンフンと親しい関係で、以前チュンフンのトークショーに、初めてのゲストとして出演した。

その時に、理想のタイプについて、質問されたドンゴンは「手首と足首を見る。細くなくても、手首のラインが美しい人が好きだ。長い髪に、少し肌が黒くて、小さいけれど美しい鼻、ブイラインの顔の女性が好きだ」と明かした。

また、「2回くらい、お見合いをしたことがあるが、職業柄あまり会えず、また、人が多い所で会うのが大変で、交際につながらなかった」と語っている。

性格・パーソナリティ

チャン・ドンゴンは、日本でも大人気の韓流スターである。ドンゴンは、デビューから瞬く間にトップスターになったが、驕ることなく、常に礼儀正しく、謙虚な性格だと言われている。また、義理堅く、男らしいとも言われている。

来日したときも、常に笑顔を絶やさず、一つ一つの質問に誠意を持って答えるなど、誠実で優しい人柄がとても魅力的であった。

そして、演技に関してはストイックで、役作りがスゴイと言われている。声を枯らすために、わざと毎日煙草を吸ったり、大声で叫んでいたという、エピソードが語られている。

ホ・ジノ監督は、ドンゴンについて「繊細な人です。そして誠実に物事に取り組み、なにより理解力・判断力に優れています。ハンサムであるのはもちろんのこと、他の人にはない特別な魅力がありますね。だからこそ、外国の方にも受け入れられるのでしょう」と語っている。

趣味

チャン・ドンゴンは、あるインタビューで自分の趣味について「写真撮るときとてもよかった」と述べた。また、「写真を趣味に持ってから、何年か経ったが、まだ実力は初歩レベルではある。しかし、その瞬間が楽しくて、撮ったものを見るのも楽しかったよ。 一生これを職業にしても、大丈夫だろうと思われるほど、意味もあって、魅力ある趣味のようだ。 私は、いつもカメラの前に立っているだけだったが、撮る時に、撮る人の気持ちもわかるようになるので、プラスになった」と語っている。

特技

チャン・ドンゴンの特技は、アイスホッケーとバスケである。

デビュー前の経歴

チャン・ドンゴンは、1972年3月7日、ソウル永登浦区(現衿)で生まれた。2男の長男で、弟が一人いる。1992年に、演劇とミュージカルに出演し、同年MBC公開採用タレント21期でデビューして、人気俳優に成長した。

しかし、学業のために、1994年1月にすべての活動を停止し、韓国芸術総合学校研究員1期生として入学した。演技者としての実力を積むために、難しい決断だったという。

もちろん2年生までは、課外活動を行うことができないという、技術的に伴うものもあるが、ドンゴンは、演技者として成長していくための自らの決定のお蔭で、学校生活は充実していたという。

しかし、2年の学校生活を終えたが、「4年間、外部活動禁止」と規定が変わり、卒業と活動への理解が衝突しながら、焦りと演技に対する喉の渇きが生じ、最終的に中退した。

高校時代、ドンゴンのIQは、143であった。

メンバー・周囲からの評価

チャン・ドンゴンと俳優のオ・マンソク、イ・ソンギュンは、韓国芸術総合学院の同期生である。映画監督のイ・ジョンボムも、専攻は異なるが、同時期に在学しており、「ドンゴンは、当時すでにデビューしていた大スター」で、「自分は一般人なので、会話をしたことはなかった」と語っている。

2003年には、通称「韓流四天王」の1人として、日本でも広くその名を知られるようになった。しかし、実はそれ以前から、日本でもファンクラブがあった。

2002年には、『ロスト・メモリーズ』で、仲村トオルと共演した。2005年には、陳凱歌(チェン・カイコー)監督の映画『PROMISE 無極』に、真田広之、張柏芝(セシリア・チャン)、謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、劉燁(リウ・イエ)ら、アジアのスターたちと共に、出演した。

2010年には、『決闘の大地で』で、ケイト・ボスワース、ジェフリー・ラッシュと共演。2011年には、『マイウェイ 12,000キロの真実』で、オダギリジョーと共演している。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

なし

Instagram・Twitterアカウント

チャン・ドンゴンの応援や雑談の掲示板

ここではチャン・ドンゴンに関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

ハン・イェウォン

チェ・ミニョン

チェ・イルファ

チェ・ジュニョン

チェ・ミンシク

チェ・ジェソン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: