チャン・ヒョクについて

映画『火山高』の、巨大なパワーを持つ転校生ギョンス役で、日本でも知られるようになった。韓国ニュージェネレーションのカリスマとも呼ばれ、デビュー当時からその独特の雰囲気で注目を集める。鍛え上げた見事なプロポーションで、モデルとしても活躍中。

2002年にはT.J という名で、歌手としてもヒットを飛ばした。2004年11月16日から2006年11月15日まで軍に入隊。模範訓練兵としての表彰を受けている。

2007年、MBCドラマ『ありがとうございます』で、医師ミン・ギソ役を演じ、高い評価を得る。

チャン・ヒョクについて掲示板で話す

基本情報

  • 名前チャン・ヒョク
  • 本名チョン・ヨンジュン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所IHQ
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1976年12月20日(40歳)
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・釜山
  • 高校社稷高等學校
  • 大学檀國大學校演劇映画科
  • デビュー年1997年
  • 身長175cm
  • 体重63kg
  • 血液型O型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

キム・ヨジン

チャン・ヒョクの妻は、元バレリーナである2歳年上のキム・ヨジン。2002年にチャン・ヒョクが通い始めたフィットネスジムでジャズピラティスの講師をしていた。そこから付き合いを始め、6年間の交際を経て、晴れてゴールインとなった。

以前、チャン・ヒョクはバラエティ番組に出演した際、妻であるキム・ヨジンとの結婚秘話を語った。元々は身体作りのためにジムに通っていたチャン・ヒョクだが、ヨジンの美貌に一目ぼれし、すっかり好きになってしまったという。

どうにか彼女に近づこうと、彼女の授業に申し込みをするが、その授業は女性が41人で男性は2人のみだった。しかも、もう1人の男性もヨジン狙いで授業を申し込んでいたのだそう。

ピラティスの授業では、女性も男性も動きやすいタイツを履く必要があったので、チャン・ヒョクも他の女性生徒同様、タイツを履き熱心に受講した。しかし、タイツ姿に耐えられなくなったもう1人のライバルは、わずか1週間で受講を断念したという。

その後も3カ月間受講し続けたチャン・ヒョクは、彼女へのアプローチを繰り返し、食事をする機会を得た。その後電話番号を聞き出し、交際へと発展。

その間に監督に頼み込み、自身の出演する映画『英語完全征服』に無理やりダンスシーンを作ってもらい、ダンス指導のために、ヨジンを指名したことがあるのだそう。

後にチャン・ヒョクは「偶然を装っていたが、全て僕の計画どおりに自然とデートまで持ち込んだ」と告白し、視聴者を笑いの渦に巻き込んだ。

なし

なし

好きなタイプ

チャン・ヒョクの好きなタイプは特別に美人というほどではないが、会えば会うほど好意を持つような女性、また自分の仕事にベストを尽くす女性だという。

ある番組で「妻のどこに惹かれたのか」という質問にチャン・ヒョクは、「ジムの下に、シャワールームがある。妻が女性用シャワールームから上がってきて、僕は男性用シャワールームに降りていき、階段ですれ違った。そのときの瞬間がすごく好きだった」と述べた。

性格・パーソナリティ

チャン・ヒョクはいつも情熱的で真面目だ。演技に誰よりも熱い情熱を持っている。男らしい姿だが、内面的には意外と親切で、おしゃべりな性格も持っている。

数々のドラマに出演しているチャン・ヒョクだが、「役のなかで自身に近い人物はいるのか」という質問に「それぞれ似ている部分もあると感じますし、大いに異なる部分もあるのですが、私と似ているキャラクターはそんなにいないと思います。何故なら私が演じたキャラクターたちはどれも独特だったと思うからです。私はそんなに独特な人物ではないですから」と答えた。

女優パク・ウネもチャン・ヒョクについて「1998年に出会ったが、そのまんまだ。キスシーンがあったときは『私はあなたが好きだ』と催眠術をかけていた。本当に集中しているのだなと思った」と明かした。

趣味

シナリオ作り、映画鑑賞

特技

器械体操、運動

デビュー前の経歴

釜山広域市で生まれたが、ソウル特別市と釜山広域市を通うかたちで学校を卒業した。ソウル特別市蚕室(チャムシル)地域にあるジャムチョン小学校とアジュ中学校を経て、釜山社稷(サジク)高校を卒業した。大学はソウル芸術大学映画科卒。

1997年SBSドラマ『モデル』で本格的な俳優生活が始まる。 以降、檀国大学演劇映画科に進学し、1998年KBS2TV青少年ドラマ学校に主演クラスで出演しており、チョン・ウソンと似たようなマスクでカリスマ反抗児キャラクターを演じ、注目を集めた。

1999年には、当代最高の携帯電話ブランドだった三星(サムスン)電子の携帯電話エニコールの専属モデルに抜擢され活躍する。

メンバー・周囲からの評価

女優チャン・ナラは韓国で放送されたMBCの芸能情報番組『セクションTV芸能通信』で、チャン・ヒョクとのベッドシーンについて「とても温かい懐だった。まるで母親の懐みたいだった」と話した。

続けて「抱きしめるときに、ある種の母性愛が感じられるほど、温かく抱いてくれる」と言い「ポーズを取ろうとしたら、どうしても顔がチャン・ヒョクの脇のほうに向いてしまった」と気まずい思いをしたというエピソードで笑いを誘った。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

Instagram・Twitterアカウント

チャン・ヒョクの応援や雑談の掲示板

ここではチャン・ヒョクに関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

ハン・イェウォン

チェ・ミニョン

チェ・イルファ

チェ・ジュニョン

チェ・ミンシク

チェ・ジェソン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: